マグネシウムを含む食べ物を摂ろう

マグネシウムは体内では作れない栄養素なので、食事で摂らないと不足してしまい様々な病気になりやすくなります。循環器系の病気にかかりやすくなる他、病気にならないまでも疲れやすくなったり気持ちが落ち込むようになるなど体に不調が出てきます。
マグネシウムが多く含まれている食品には大豆や黒ゴマなどがあります。
マグネシウムは調理の過程で失われやすい栄養素ですが、大豆の場合はゆでても比較的含有量が多く100gあたり110㎎も含まれています。マグネシウムの1日に摂ると良いとされている量が男性の場合は340㎎、女性のは270㎎なので、ゆで大豆だけでも必要量のうちかなりの量を摂る事ができます。ゆで大豆は市販の物が売られているので手軽に利用でき、サラダや煮物等様々な料理に使えます。
また黒ゴマには100gあたり36㎎も含まれています。大量に食べる物ではありませんが、おひたしやスープなどに少し足すだけでも栄養をとる事ができます。
また白米を玄米に変えるのも効果的です。ご飯茶碗1杯あたり72㎎入っており、毎食食べれば女性の場合は主食だけで必要量のほとんどを摂る事ができます。毎日の食事の時に少し気をつけるだけで必要量を摂る事ができ、健康に過ごせます。ビューティー15

コメントは受け付けていません。