クエン酸を多く含む食べ物がおすすめな理由

酸味は肝に入って、収斂や固渋などの作用を引き出すものです。それゆえに、多汗や頻尿にもよい効果をもたらすことになります。梅干しの酸味によって肝を守ることは、理にかなったことであります。梅はバラ科サクラ属の果実でありますが、塩で漬けるだけでも有効成分のクエン酸が豊富になります。紫蘇を加えるとアントシアニンの効果によって、抗酸化作用まで高まって一石二鳥になります。

レモンにも含まれるクエン酸は、疲労回復成分の代表でもあります。クエン酸を摂取すると乳酸の分解が進んで、筋肉疲労までも改善できるわけです。この効果を享受することで、スポーツの成績も改善できることが重要です。そのために、スポーツ飲料の原料としても愛用されています。独特な酸味に加えて、肝に帰経する効能も加味されて複雑な効き目となります。慢性的な疲れに対しても、強力に対処できます。

クエン酸を多く含む食材は、果物が中心となります。五果とも呼ばれる果物を食べて、五味の特性を吸収することが大切です。酸味だけでなく、甘味や苦味も味わうと健康的です。その中でもクエン酸の酸っぱい味には、唾液を分泌させる効果もあります。そのために、虫歯予防にも効果的です。ビューティー16

コメントは受け付けていません。